膝の痛み

施術後に効果を実感できる越谷市・せんげん台・武里のおひさま整骨院の骨盤矯正

このようなお悩みはありませんか?

  • 交通事故のときに膝をぶつけてしまってから痛みがある
  • 膝の曲げ伸ばしをした時に、痛みを感じる
  • 自転車やバイクから投げ出されて路面に足を打ちつけてから痛みを感じる
  • 膝が痛くて階段の昇り降りがつらい
  • 寝ているときもチクチク痛く感じる
  • 膝が痛くて段差がないところでもつまづくことがある

 

半月板損傷はなぜ起こるのか?

半月板損傷はなぜ起こるのか? 半月板はクッションの役割で膝関節を安定させる関節軟骨です。

半月板損傷は、膝の曲げ伸ばしができなくなり、痛みや違和感を感じたりします。 ひどい症状の場合には、膝に水がたまったり、歩けなくなるほど痛みが続くこともあります。

交通事故やスポーツなどで強い衝撃を受けたり、高齢の場合は転倒などで損傷するケースが多いです。

強い衝撃を受けた場合の半月板損傷は、半月板だけが損傷しているケースと、前十字靱帯などの周りの靭帯も一緒に損傷している場合があるので、それぞれ怪我をしたポイントを治療していくことが大切です。

また、半月板は加齢に伴い薄くなっていくので、40歳を超えると少しの外傷でも半月板損傷が起こりやすくなりますので、早期の原因の発見と治療が必要です。

 

半月板損傷が改善しない理由

半月板損傷はなぜ起こるのか? 一般的な半月板損傷の施術では、温熱療法や電気治療などで血流を促進させる治療を行うケースや、注射、湿布、サポーターでの固定など痛みを軽減させる治療が中心です。

半月板損傷の場合は、半月板だけではなく、ひざ関節周辺の筋肉や、靭帯の緊張が合わさってより悪化してしまったり、悪い状態で固定してしまうケースがありますので、痛みを軽減させるだけではなく、ひざ関節や筋肉の状態を半月板が治りやすい状態にしてあげる必要があります。

病院や一般的な整骨院で施術をして経過が思わしくない方や、早期に回復させたい方は、そういった原因にアプローチする施術を行うことをおすすめしています。

 

半月板損傷の施術方法とは?

半月板損傷の施術方法とは? 当院の半月板の施術は、テーピング・固定・筋肉の調整など、症状にあわせた技術を用いることで、筋肉や靭帯のずれやバランスを矯正することで、正しい位置に戻し早期回復に繋げていきます。

ゆがんだ状態で固定してしまうと、バランスが崩れたままになるため、症状の回復が遅くなります。

また、怪我した箇所の周辺部分の関節や、筋肉についても適切な処置を施し、完治後の動作や、スポーツのパフォーマンスも落ちないように施術することを心がけています。

 

交通事故後の半月板損傷の治療について

日頃のストレッチで今後の症状を予防 交通事故の半月板損傷の場合、レントゲンでは異常なしと言われるケースがあります。

レントゲンで異常がないということは、あくまで骨折していないということであり、関節軟骨である半月板は映りません。

MRIやCTで精密な検査を受ける必要ありますが、そういった設備がなかったり、予約を取るまでに時間がかかるため、初期の段階では膝の水を抜いてそのままにしておくだけや、痛み止めだけで様子を見るケースは多いです。

「早期回復」と「後遺症を残さない」観点からしますと、早い段階で適切な処置を行う必要があります。

当院の半月板損傷の治療は通常自費で1回当たり3,000円~4,000円前後の専門的な施術方法となります。(自賠責保険適用の場合は、自己負担0円でこれらの専門施術を受けることが可能です)

おひさま整骨院

 

最後に嬉しいおしらせ

インターネット限定割引

交通事故施術一覧へ戻る>>

おひさま整骨院

せんげん台整骨院

line@ LINEの返信は診療時間外に返信いたします。
午前診療中のメッセージ:13時30分~14時30分
午後診療中のメッセージ:20時30分~21時30分に返信いたします。
※ 急患(当日予約ご希望の方はお電話からどうぞ)
line@交通事故被害者・加害者相談

▲ページ上部へ戻る